睡眠負債の怖さを知らないと人生が台無しになるかも

いつもの通り読み進める前に応援クリックお願いします。

おはようございます、ダイエットコーディネーターるりです。

実はここ最近、空咳が続き、特に夕方から朝までひどくて、仕事どころか睡眠時間すらまともにとれずにいました。

ダイエットにもお肌にも、そして体力にも大敵な睡眠不足!

みなさんは大丈夫ですか?

 

睡眠不足が引き起こす、目に見える負債と目に見えない負債。その負債で太る!

米コロンビア大学で2005年に行われた調査で睡眠時間と肥満の関係性が見られたと報告がありました。

32~59歳の男女8000人を対象に調べたところ、平均7~9時間の睡眠時間の人に比べて、4時間以下の睡眠の人の肥満率は73%も高かったのです。

また、5時間睡眠の人でさえ、肥満率が50%も高いと報告されました。

つまり睡眠時間5時間以下は肥満になりやすいということです。

また、米スタンフォード大学で2004年に行われた調査では、睡眠時間は食欲と関係していることがわかりました。

8時間寝た人に比べて5時間しか寝ていない人は、食欲がわくホルモン「グレリン」の量が約15%多く、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の量が約15%低いという実験結果が出たのです。

これは、睡眠時間が短い=起きて活動してる時間が長い→通常よりもエネルギーが必要→食べろ!と脳が命令するからと考えられています。

また、この食べろ!という命令以外に動くなという命令も出しています。貴重なエネルギーを温存するためです。

いつもよりも多く食べていつもよりも動けなくなる。

これでは太るのも当たり前ですよね。

ここまでが目に見える負債です。

目に見えない負債とは、痩せるために最も必要な基礎代謝が下がることです。

1日の総消費カロリーのうち基礎代謝が7割を占めています。

つまり、どんなに運動しても基礎代謝にはかなわないのです。

痩せるためには基礎代謝を上げる必要があります。

この基礎代謝のUPに欠かせないのが成長ホルモンです。

成長ホルモンが出ている睡眠中に、全身の細胞の新陳代謝が最も上昇するのは、睡眠中で成長ホルモンが分泌されているときです。

成長ホルモンの分泌がきちんとされないと、「新陳代謝が滞る」=「基礎代謝量が減る」ので、太りやすくなります。

また、成長ホルモンは、中性脂肪を分解し、筋肉の修復をします。

中性脂肪が減るのはやせる第一歩ですし、筋肉が太くなれば代謝が上がり、同じことをしても消費カロリーが増えます。

この睡眠中の成長ホルモンは「眠り始めの3時間」と言われています。90分とする説もありますね。

どちらにしてもとにかく眠りの質をあげて、眠り始めの最初の90分~3時間は決して目が覚めず深い眠りを取ることが大事だということです。

痩せるためには基礎代謝を上げることは不可欠です!

ぐっすりと寝るだけで、基礎代謝が向上するなんてこんな楽なことはありません。

早速今日から質の良い睡眠取りましょう!

 

 

よりためになる情報をお届けできるように応援クリックお願いします。
37歳2児のママが食べ飲み放題で-15kg