第5弾:食べた後に運動すれば良い。明日からやればいい。

いつもの通り読み進める前に応援クリックお願いします。

こんにちは、ダイエットコーチるりです。

食べて後悔したときに読む記事第5弾です。

ここでは、デブの前借、借金体質について説明します。

 

借金て何??すごく怖いんだけど。

ジタン

るり

それは、デブな人の共通点、食べるための言い訳のことだよ。
言い訳って?

ジタン

るり

これ食べたら運動する。明日からダイエットする。今日は夕食抜く。こんな言葉を食べる前に言ってない?
…口癖のように言ってるよ(;’∀’)

ジタン

デブな人は、言い訳をしてから食べる。痩せている人は、行動してから食べる。

私もいつも、言っていました。

明日からダイエット、今日は夕食食べないから昼に食べる。

でも、それで実行したことはない。

皆さんもこんな経験ないですか?

痩せた今でも、買い物するときに見たポテトチップスが無性に食べたくなります。

これは、大脳が発達している人間だからこそ起きる生理的反応です。
脳が視覚刺激を受けて、オレキシン、ドーパミンというホルモンを分泌させるために摂食中枢が刺激されるためです。

生理的欲求なので避けようがありません。

でも、そんなときの対処法を知っていれば大丈夫ですよね。

痩せている人は、

「あー、食べたくなっちゃったなー。でも、食べても満足しないどころか不快になるって分かってるから、一旦お店を出てそれでも食べたかったら食べよう!」

デブな人は、

「食べたい!でも太るし、今日の夕食半分にすればいいか!買おうっ!」

いかがですか?

デブな人は、食べてからそれを帳消しにする行動を取ろうとします!
つまり、痩せるための行動を言い訳に前借しているのです。

それに対して痩せている人は、言い訳を前借することはありません。

痩せている人は自分にとって本当に必要な物を知っています。

だから、食べるという行動選択する前に、別の行動を選択できます。

身体の不快な状態と最高の状態、それがどんな時に起こるか知っているからできる行動です。

デブな人は不快な状態がデフォルトであるため、それが不快であることに気付くことができません。

個別指導では、デブ脳から痩せ脳に変えて、身体の状態をしることができるように行動にうつせるようにコーチングしています。

第5弾はここまでです。

ダイエットで悩んでいることがあり、ここで取り上げて欲しいことがあればこちらからいつでもリクエストしてくださいね!

リクエストして悩みを解決する

自分の状態が不快、そんなこと思いもしなかった。痩せている人は、一体どんな状態なの?

ジタン

るり

私自身、そんな意識なかったよ。でも、自分の最高の状態を知ったら、いかに自分の身体が十分に機能していない実感できたの。
自分の最高の状態!知りたい。

ジタン

るり

最高の状態を知るには、一人一人のライフスタイルや性格、価値観にあった方法を提案しているよ。ジタンの場合はまずは、ヴァラクが食べているときに必ずそのご飯を奪うのを止めることからかな!二人とも仲良くして(笑)
よりためになる情報をお届けできるように応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

37歳2児のママが食べ飲み放題で-15kg