朝食戦争!食べる?食べない?どちらがダイエットに正解なのか?

いつもの通り読み進める前に応援クリックお願いします。

おはようございます。ダイエットコーチるりです。

 

朝食を食べるべきか食べないべきかどちらがダイエットに良いのかしばしば論争になりますよね。

医学的な論文からの意見は、食べた場合も痩せるし、食べなかった場合も痩せる。

どちらの立場の論文もあります。

しかし、よくよく中身を読んでみると分かりますが、朝食を食べなかった場合に太る原因が、食べないと夜のお酒と1回に食べる量が増える傾向にあり太りやすい。

朝食を食べると、食べない人に比べて1食多くカロリー摂取することになるので太る。

食事の度にインスリンが出るからなるべくインスリンを出さない方が良い。

などと、そもそも見ているところが違います。

つまり、朝食を食べなくても夜食べ過ぎない人は太らないし、朝食のカロリーが大したことなければ食べても太らない。ということになります。

よく、論文の結論だけニュースに流れ、これはいい!と飛び乗る人がいますが、原文を見ると自分の理解とは違うことがしばしばあります。

数多くの医学論文原文、アスリートの食事管理の専門書、トレーニングの研究者に直接問い合わせて得た知識から判断した私の結論は、

「身体が欲していれば食べる」

これが正解です。

食べたくないのに食べる、食べたいのに我慢する。

これ大間違いですよ。

デブの欲求と、身体の欲求の区別がつくようになれば、簡単に自分で判断できるようになります。

痩せている人は腹持ちが良いです!それは本当の自分の空腹を知っているから。

これは今朝の話です。

私が大好きなウィンナーが冷蔵庫に入れてあって、あー食べたいなーと思いました。

ここで食べる・食べないの選択の仕方を紹介しますね。

デブ脳の人は、見た瞬間の「食べたい!」という欲求が身体の欲求だと思っています。

常に何かしら胃に入っていて空腹を知らないからです。

ここで、まずはお腹に聞いてみてください。お腹空いてる?

一度は経験したことがあるはずです。

お腹が空いて、でも食べられなくて、その空腹の壁を越えて2回目の波がきたことが。

そのくらいの空腹を感じていますか?

それが正しい空腹です。

そのくらいお腹が減っているときには、食べていいと私は思っています。

痩せ脳の人は、自分が心地よい空腹状態、いつ食べるべきかを知っています。

まずは、自分の空腹状態を知るところから始めてください。

 

よりためになる情報をお届けできるように応援クリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

37歳2児のママが食べ飲み放題で-15kg