1.3姉妹の末っ子、放置が基本プレイだった

いつもの通り読み進める前に応援クリックお願いします。

ダイエットコーディネーター
日向るりです。



多くの方に日向るり公式LINEに
ご登録いただき、本当に
ありがたい思いです。

昼間は1対1トークだけではなく、
ブログには書けない潤活について
発信していますのでよろしく
お願いします。

どこにでもいる何のとりえも、お金も
育児と家事で時間もないただの主婦。

 

ない、ない、ない!!

あるのは、贅沢していないのについた

ぜい肉だけ!!

 

こんな、トリプルネガティブな
2児のママの私が

 

我慢なし
ストレスなし
3か月でスルッと痩せる
2度とリバウンドしない
潤心スリム美人になる!

 

を提唱する
ダイエットコーディネーターに
なるまでのストーリーを書いて行こうと
思います。

さくっと知りたい方は
こちら
動画で物語風に語っています。

それでは、これから長い長いお話になりますが
お付き合いいただけると嬉しいです。

 

1982年7月7日、九州の北のド田舎に
日向家の末っ子として生まれました。

なにもなく、夜になれば暗闇が広がる、
そんな田舎育ちの私です。

海も山もあるがそれ以外はなにもないところです。

 

目の前には田んぼの用水路が
流れていて、アヒルの鳴き声を
聞く日々でした。

さて、私の家族は、
亭主関白で九州男児な父。

料理上手な母。

5歳上の長女に、3歳上の次女、

末っ子の私の5人家族です。

そして、姉たちとも年が離れており、
母親も3人目となると放置が基本。

私は一人でいつも遊んでいました

裕福ではないが、専業主婦で
のんびり暮らしている
母を見て全く働くという
イメージを持てないでいました。

 

このときの思いが大人になっても引きずり、
大変な大暗黒時代を招くことになります。

 

そのときの苦労があるから、
ダイエットで悩んでいる人を
1人でも多く救いたいと思ったときに
なんとしてでもダイエットコーディネーターで
成功する!と立ち上がれたと思います。

 

そして、父親デブ、母親デブ、
長女努力で痩せている、
次女デブ

という、デブ一家でした。

 

長女はものすごく努力して
体型を維持していました。

 

そんな私は、生理がくるまでは
痩せていました。

しかし、幼稚園のころから便秘でした。

 

はっきりいってその後

 

すっきり出したのは、大学時代で知った
「センナ茶」を飲んだ時。

 

およそ12年以上も便秘で悩み、
スッキリ出したことがありませんでした。

 

そして「センナ茶」で出した後、
なんと!!

 

入らなかったスカートが入っただけではなく
こぶし1個分の余裕までできました。

 

どれだけ溜まっていたのか…

 

想像したくありませんね(-_-;)

 

さて、そんな便秘の私ですが、
出ないのがあたり前過ぎて
治そうとは思っていませんでした。

 

もう幼少時代から出ないので
それが普通だったのです。

 

今考えればなんと恐ろしい!!

 

ダイエットについても
TV以外から得ることはほとんどなく、

 

ダイエット=食事制限

 

この程度の知識しかありませんでしたし、
そもそも知ろうと思っていませんでした。

 

長女のように自分から
ダイエットについて
勉強し、努力し、
体型を維持しようとする気は
全くありませんでした。

 

食事制限すればいいでしょ。

 

そんな私でした。

 

そんな、ダイエットに興味なし!な
私が、どうしてダイエットコーディネーターに
なったのか。

これからそのストーリを紐解いていこうと
思います。

 

次回のおはなしは、

2.出したいのに出せない朝トイレに籠る日々

です。

よりためになる情報をお届けできるように応援クリックお願いします。
37歳2児のママが食べ飲み放題で-15kg